高品質でも低価格な葉酸サプリが欲しい 高すぎて買えない

葉酸サプリはどんな効果がある?

赤ちゃん

 

神経管閉鎖障害と葉酸

葉酸には、赤ちゃんの先天性異常(神経管閉鎖障害)のリスクを減らす働きがあります

 

神経管閉鎖障害とは、妊娠初期に脳や脊椎のもととなる神経管が正常に作られないことで起きる疾患で、無脳症や下半身の運動麻痺や膀胱障害(失禁)などが起こります。

 

発生確率は1000〜2000人に1人といわれています。

 

葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害の確率が高まるといわれています。
葉酸を飲むことで、神経管閉鎖障害のリスクを半分程度に減らすことができます。
ただし、葉酸を飲めば100%防げるわけではありません。

 

また、ダウン症など神経管閉鎖障害以外の先天性疾患の予防効果はありません。

 

葉酸の特徴

葉酸は、水に溶けやすく、調理などの加熱で壊れやすいです。
そのため厚生労働省は食品からでなく体内利用率も良いサプリ(モノグルタミン酸)から葉酸をとることを推奨しています。

 

天使の葉酸はモノグルタミン酸型の葉酸です。

 

推奨量

厚生省の推奨量は通常の食事に加えて
妊娠前     +400μg
妊娠1〜3ヶ月 +400μg
妊娠中〜後期  +240μg
です。

 

また、出産後も
授乳中に100μgをプラスすることを推奨しています

 

 

医薬品と葉酸欠乏

また、葉酸欠乏を起こしやすい医薬品もあり注意が必要です。

 

葉酸の吸収低下   
フェニトイン、フェノバルビタール(てんかんの薬) 、オメプラゾール、シメチジン(胃薬)        

 

葉酸の腸管吸収抑制 
エストロゲン、コレスチラミン           

 

葉酸の代謝抑制   
イブ、ナイキサンなど               

 

葉酸の排泄増加   
アスピリン                    

 

これらの薬を飲んでいる方は、特に葉酸をサプリで補うことが必要です

 

 

 

参考:葉酸が多く含まれる食品(100gあたり)

鶏レバー  1300μg
枝豆    260μg
ほうれん草 210μg
菜の花   190μg
春菊    190μg
アスパラ  180μg
空豆    120μg
納豆    120μg

 

※サプリの葉酸400μg=食品の葉酸800μg相当です。
※茹でるなど調理していない生の状態での量です。

 

実際に買ってみました


ホーム RSS購読 サイトマップ